鬼武者Soul公式プロモーションサイトへ 鬼武者Soul公式メンバーサイトへ

洒落怖エピソードブログ

洒落にならないような怖い話、通称「洒落怖」な話を集めてみました。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク
スポンサーリンク
リンク集
おもしろ間取り.com
お豆腐料理ブログ
ガテン系ブログ_肉体労働派遣の道のり
カレー大好きな日々
かわいい女子アナ大特集
こうちゃん時事ネタ報告
ごおgぇ_Google豆知識サイト
ご当地ラーメン.com
サニーライフ・ハッピーライフ
チアリーディング応援ブログ
ディレクトリ型検索エンジン無料サービス天国
ときわ台情報ブログ
トランポリンバカの日常_子供も楽しめダイエットにもよいトランポリン教室や技の解説も
トランポリン好きパパのレアスポーツ紹介
トランポリン技解説 子供も楽しめダイエットにもなるトランポリン教室や技の解説
ネガティブ名言集
バブル時代あるある特集
ビットコインや仮想通貨で大儲け
ふぁせぼおk_Facebookのエイリアス
ブラウザ比較ブログ
ラーメン放浪記
わかり過ぎる猫さんあるあるブログ
世界オーパーツ大特集
中華史上に残る名高い名将特集
丼物グルメブログ
便利フリーソフト紹介
北坂戸グルメブログ_北坂戸駅周辺のおいしいランチや居酒屋情報
北海道あるある紹介
名言集_ゲーム・アニメ・漫画の名言録
夢見て起業ノウハウ.com
富士山登山ブログ_日本最高峰の富士山に登ろう
富士山登山記
巣鴨グルメ・ランチ紹介ブログ
怖い話・意味がわかると怖い話コピペ集
怖い話ブログ
意味がわかると怖いコピペ
意味がわかると怖いコピペブログ
意外と知らない略語集
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ

2019年04月

盗んだ傘

心霊話じゃないけど・・・ ある大学でずっと前に起きた話。
A君は大学の野球部のレギュラー投手でした。
体格は良く、身長は180cmを超える大柄な青年です。

テストの時期が迫ったある日、A君は大学の図書館で勉強していました。

静かな図書館で勉強がはかどったため、
気がついた時には夜になっていました。
閉館時間までには余裕があったものの、

勉強の続きは自宅ですることにして A君は図書館を出ようとしました。
外に出ようとすると激しい雨が降っていました。


夕方から雨が降ることは天気予報で知っていましたが
予定ではもっと早い時間に切り上げるはずだったので

A君は傘を持っていませんでした。

図書館の玄関には、利用者の傘が置いてありました。
テスト前なので人が多く、傘もたくさんあります。 (一本くらいなら・・・)

A君は軽い気持ちで傘に手を伸ばしました。
最も多いのは安いビニール傘でしたが、
体の大きいA君には小さく、激しい雨では ほとんど役に立ちません。

そんな中でA君は比較的大きめの
ややくたびれた傘を選びました。
傘を取り開こうとした時、A君は柄の部分に 何かベタベタした物が付いていることに気がつきました。

(悪戯かな・・・) しかし、傘を選びなおすと自分が傘を盗ろうとしているのがバレるので
仕方なくその傘をさすことにしました。


傘を開いたその瞬間 パァン!!という音が玄関に響き渡り、 続いてA君の悲鳴が上がりました。
図書館の職員が駆けつけると、 あたりには花火のようなにおいと
煙が立ち込めており A君の右手が炎に包まれていました。


A君の手の炎はすぐに消され、病院に運び込まれましたが 酷い火傷を負っていました。
警察および消防署の調べでは、A君が開いた傘の柄の中には
花火から取り出したと思われる火薬が詰められており、
外側にはキャンプなどで使う携帯用の燃料が塗られていたとのことです。

ワンタッチ式のボタンの部分に発火装置が仕込んであり

傘を開こうとすると火薬に火がつく仕掛けになっていました。
さらに運の悪いことに、A君は化繊の服を着ており
繊維が熱で溶けて腕まで酷い火傷が及んでいました。


事件当日の図書館は、テスト勉強の学生で人の出入りが激しかったこと
犯人が傘に自分の痕跡をほとんど残さなかったこと

特定の人間を狙った犯行ではなかったこと などから、警察は犯人を特定することができませんでした。

A君はその後退院しましたが、利き手の握力が回復せず
野球は断念したそうです。

あなたも軽い気持ちで他人の傘を取ろうとしていませんか?

だーれーだ?

今から二年ほど前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。
その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、
「だ~れだ?」という声とともに目隠しされました。

当然彼女だと思っていた俺は、「○美だろ~。お帰り・・・」と、彼女の手をどけながら後ろを振り向きました。
しかしそこには誰もいなかったんです。一瞬呆然となった後、
俺の心臓は鼓動が聞こえるほど
早まっていました。

おかしい・・さっきの声は?・・・きっと幻聴だ・・・ドアが開く音しなかったじゃないか・・・
必死にそう思いこもうとする一方で意地悪な考えが頭に響いていました。
手はどう説明する?・・・目隠しもされた・・・その手を掴んでどけた・・・感触もまだ残ってる・・・

俺はもう恐怖で発狂寸前でした。(とにかくここを出なきゃ・・・)勇気を振り絞り、立ち上がろうとしたその時
金縛りに会い、体が全く動かなくなってしまいました。心臓が張り裂けそうで、恐怖でパンクしそうでした。

突然部屋中に若い男女と思われる笑い声が響き渡り、
ふっと笑い声が止むと耳をつんざくような恐ろしい叫び声が上がりました。

俺の意識があったのはそこまでで、気が付いたときは彼女に介抱されていました。
俺は彼女にそのことを話し、急いでその部屋を出て、その日は友達の家に泊めて貰いました。

翌日、大家にこの事を問いつめると、以前この部屋にはシャブ中のカップルが住んでいて、
男が女を殺し、自分も自殺したと教えてくれました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク